紀要論文 遺族ケアについての哲学的試論─故人とのつながりを維持すること─
A Philosophical Essay on Bereavement Care Continuing Bonds with the Deceased
イゾク ケア ニツイテ ノ テツガクテキ シロン コジン トノ ツナガリ オ イジ スル コト

片山, 善博  ,  Yoshihiro, Katayama

内容記述
遺族が故人とのつながりを維持することがグリーフケア(特に遺族のケア)にとって重要であるという研究が様々な課題を抱えながらも主流になりつつある.とはいえ,遺族の個人に対する関係は一方的なものである.近年の承認論の研究では,自己と他者との間の承認関係が自己の成り立ちやアイデンティティにとって極めて重要であることが指摘されている.従って,遺族が故人との承認関係を維持するためには,故人が他者の地位にあることが望ましいことになる.遺族ケアの課題として,できるだけ双方向的なつながりを維持できるための故人の他者化が必要である.しかし,故人はいわゆる実在する他者ではない.そこで本論では,どのような他者化が可能なのか,また双方向的なつながりの維持のために何が必要なのかを考察した.精神的な他者化を推進する個別的なケアと同時に,こうした関係を安定的に維持させる社会・文化的な価値の創造が必要であると結論づけた.
死別,遺族,悲嘆,ケア,承認
本文を読む

https://nfu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2343&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報