Departmental Bulletin Paper 外科的矯正治療を行った骨格性Ⅲ級ボーダーライン症例

徳倉, 圭  ,  黒柳, ふみ  ,  竹内, 綾  ,  藤原, 敦  ,  留, 和香子  ,  北井, 則行

Description
下顎骨の過大と前方位、下顎骨の左方偏位および上顎中切歯唇側傾斜を伴う骨格性Ⅲ級と診断された25歳5か月の女性に対して、外科手術を併用した矯正歯科治療を行った。上顎両側第一小臼歯を抜去した後、プリアジャストエッジワイズ装置を用いて術前矯正治療を行った。術前矯正治療後、下顎枝矢状分割術により下顎骨を後方へ移動した結果、良好なオーバージェット、オーバーバイト、Ⅰ級の犬歯、フルステップのⅡ級大臼歯関係および緊密な咬頭嵌合が得られた。保定開始から2年1か月を経過した後も、安定した咬合関係を保っており、患者の十分な満足が得られた。The present report describes the surgical orthodontic treatment in a 25-year-5-month-old female having a skeletal ClassIII malocclusion with excessive mandible, mandibular anterior position, mandibular deviation, and labial inclination of upper central incisors. The patient performed sagittal split ramus osteotomy for mandibular setback. After extraction of upper first premolars, the pre-surgical orthodontic treatment was performed with preadjusted edgewise appliance. After a retention period of two years and one month, the occlusal stability was maintained with good facial profile.
Full-Text

https://asahi-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5402&item_no=1&attribute_id=97&file_no=1

Number of accesses :  

Other information