紀要論文 朝日大学歯学部附属村上記念病院口腔外科における口腔癌患者の臨床的検討

榑沼, 歩  ,  東, 宗弘  ,  高橋, 萌  ,  鷲見, 成紀  ,  足立, 圭亮  ,  村木, 智則  ,  稲垣, 友里  ,  山岡, 真太郎  ,  長縄, 鋼亮  ,  安村, 真一  ,  渡邉, 一弘  ,  江原, 雄一  ,  太田, 貴久  ,  本橋, 征之  ,  笠井, 唯克  ,  山田, 和人  ,  高井, 良招  ,  住友, 伸一郎  ,  村松, 泰徳

内容記述
わが国における口腔癌罹患患者は年々増加し、1975年には2,100人、2005年には6,900人であり、2015年には7,800人と予想されている。近年口腔癌検診の実施や診療におけるガイドラインが整備され、全国的に口腔領域悪性腫瘍患者治療成績は向上傾向にある。しかし、各施設での治療方針や、診療環境により施設間での治療成績には差がある。治療成績の差を減らし全国的に治療成績を向上させるには、各施設の情報提供が重要であると考えられる。今回われわれは、2001年1月から2010年12月までの10年間に朝日大学歯学部附属村上記念病院口腔外科を受診し、治療を行った口腔悪性腫瘍患者76例を対象とし、その治療成績について検討した。患者の年齢分布は15~91歳で、平均67.5歳であり70歳代が最も多く全体の約35.5%を占めていた。性別では男性46例、女性30例であり男女比1.5:1であった。発生部位別は、舌が31症例(40.8%)で最も多く、次いで下顎歯肉の17症例(22.4%)であった。T分類ではT1症例18例(23.7%)、T2症例が46例(60.5%)、T3症例10例(13.2%)、T4症例2例(2.6%)であった。全症例の5年生存率は80.9%であり、病期別ではstageIが100.0%、stageⅡ87.5%,stageⅢ81.6%そしてstageⅣが33.3%であった。早期に発見し、治療に移行した症例が明らかに良好な成績であり、早期の発見と治療が重要と考えられた。Recently, patients of oral carcinoma are increasing in Japan. The outcome of oral carcinoma treatment is coming improved by the spread of carcinoma screening and treatment guidelines. However, the clinical outcomes between institutions have a diff erence with the medical care environment and the treatment policy in each institution. Information service of each institution may be important to reduce the diff erences and improves outcomes. The treatment results were evaluated for 76 patients who were oral carcinoma treated for ten years from January, 2001 to December, 2010 at Department of oral surgery, attached Murakami memorial hospital, Asahi University, school of Dentistry. Mean age was 67.5 old and distribution were 15 to 91 years old, and about 35.5% of patients were 70’s years old. Sexual differences were 46 male and 30 female and the ratio of male-and-female was 1.5:1. Tongue carcinoma was a most common site 31 cases (40.8%) and next was mandibular gingiva carcinoma 17 cases (22.4%). According to T classification, T2 was a highest as 46 cases (60.5%), T1; 18 (23.7%), T3; 10 (13.2%), and T4; 2 (2.6%). Five year-survival ratio using the Kaplan-Meier method was 80.6% for all patients. The ratio according to clinical stages were 100% of stage I, 88.5% of stage II, 78.0% of stage III, and 40% of stage IV . These results may demonstrated that early detection and early treatment may result in better clinical outcomes.
本文を読む

https://asahi-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5387&item_no=1&attribute_id=97&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報