紀要論文 水害時避難支援のためのナビゲーションアプリの開発
Development of Navigation Application for Evacuation Support at Flood

藤澤, 英和  ,  矢守, 恭子

内容記述
Mizuho city is a region with many rivers, so flood damage has occurred many times. The authors propose an application that shows the route to the appropriate evacuation site safely and with the shortest path of residents. In this paper, we propose not only a safe route, but also an application that displays a shelter where there is a possibility of flooding or an area where there is a danger of flooding. We also propose a platform that integrates evacuation support information that displays hazard maps and weather information. In this thesis, we develop a navigation application to support flood disaster evacuation for Mizuho city, and implement prototype on Android phone.
岐阜県瑞穂市は多くの河川に囲まれた地形であるため、水害被害に遭いやすい地域である。筆者らは、水害が発生した場合に備え、住民を安全かつ最小の道のりで適切な避難場所までの経路を示すアプリケーションを提案している。本稿では、安全な経路だけでなく、浸水する可能性のある避難所や冠水する危険のあるエリアを表示し、さらに、ハザードマップや気象情報を表示する避難支援情報を統合するプラットフォームを提案する。ここでは、プロトタイプとして、瑞穂市用の水害避難支援するナビゲーションアプリ作成し、Android 端末に実装する。
本文を読む

https://asahi-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5366&item_no=1&attribute_id=97&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報