紀要論文 インタラクティブアートにおける,心を感じさせる表現と見えない世界を「みる」 インターフェイスの研究
The study of interface for "seeing" unseen worlds in interactive art and the expression which lets people to feel a mind

久世, 祥三

52 ( 1 )  , pp.73 - 85 , 2018-02-01 , 湘南工科大学
ISSN:09192549
NII書誌ID(NCID):AN10400308
内容記述
私は「MATHRAX」というアートユニットで活動し,感覚に関わるインタラクティブアート作品を制作している。それらの作品は鑑賞者の「触れる」アクションによって,光や音や香りによるリアクションを起こす。私はこれらの作品を作る時,人と作品のコミュニケーションをより深く交わせるようにしたいと考えている。言い換えれば,その作品に「心があるのではないか?」と感じさせたい。なぜなら,作品に心があると感じさせることで,人が見えない世界を「みる」という体験を得るきっかけとなり,それは人が物事の先を読んで想し,問題解決の糸口を導くことにつながると考えるからである。私は、心を感じさせる表現に必要な要素として,鑑賞者の作品への心地よさはもちろん,もどかしさや戸惑いなども重要だと考えている。今回は,触れる行為と光や音や香りの要素を用いた作品7つを取り上げ,これらの「心を感じさせる」表現の試みについて述べる。
I work in an art unit named "MATHRAX" and I am creating an interactive art work related to sensation. Those works act to light, sound and fragrance by the "touching" action of the viewer. When we make these works, we think that we want to make deeper communication between people and works. In other words, we want to make the works that lets people feeling “mighthave a mind?" If our works make the people feeling have a mind then it will become a trigger to obtain the experience of "seeing" unseen world. So that I think the experience and imagination will lead people to solve various problems. I think it is important for our expression not only comfortable but also frustration and confusion. This time, we will take up 7 works usingtouching acts and elements of light, sound and scent, and describe the attempt to "expression which lets people to feel a mind".
本文を読む

https://shonan-it.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=634&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報