Departmental Bulletin Paper コイルにおける誘導起電力測定器の試作 -磁石の位置の相関測定-
Trial manufacture of induced electromotive force measuring instrument in a coil:Correlation measurement with magnet position

櫻井, 勇良

51 ( 1 )  , pp.47 - 56 , 2017-03-31 , 湘南工科大学
ISSN:09192549
NCID:AN10400308
Description
磁石とコイルを用いて電磁誘導現象を再現する場合、一般的に磁石は、自然落下させるあるいは手で動かすなどの手法が取られる。この手法は、単なる事象の再現の場合は良いが、系統的な実験を行なう場合には、何らかの工夫が必要になる。そこで、本研究では、ミシンを改造し、磁石を上下運動させる装置を試作した。試作器を用いて磁軸の運動方向とコイルの中心軸の位置関係を変えながら層数や巻数の異なるコイルの誘導起電力特性を調べた。その結果、誘導起電力がコイルの層数や巻数に対して比例的に発生するすなわち理論値と類似する領域とそうでない領域があることおよびコイルにおける誘導起電力と磁石の位置の相関関係を確かめることができるようになった。
In this study, a trial manufacture vessel that measures induced electromotive force in the coil is described. The magnet passes through the hollow part of the coil. The following are automated: Transfer of the magnet and measurement of the voltage. The relationship between position of the magnet as it passes through the coil and the position and induced electromotive force is examined. Existing sewing machine is decomposed and is remodeled. Experiment and measurement were carried out using various coils with good results.
Full-Text

https://shonan-it.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=614&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information