紀要論文 Ni 基超合金における結晶異方性を考慮したクリープ損傷シミュレーション
Simulation of creep damage formation taking into consideration crystal anisotropy for Ni-base super alloy

大見, 敏仁  ,  横堀, 壽光

51 ( 1 )  , pp.11 - 17 , 2017-03-31 , 湘南工科大学
ISSN:09192549
NII書誌ID(NCID):AN10400308
内容記述
発電機器に用いられる多結晶Ni基超合金の損傷形成挙動を明らかにすることで,実機の安全性や経済性の向上が期待できる。実験的にクリープ損傷の形成過程を明らかにする研究は多いが,数値解析によりき裂の発生個所を特定できる研究は少ない。本研究では,結晶粒の形状および弾塑性異方性を数値解析に取り入れ,弾塑性クリープ解析手法の開発を試みた。異方性は,EBSD観察の出力データであるオイラー角を利用できることを想定し,弾性異方性と塑性異方性に関するパラメータを算出した。その結果,実験結果と比較してき裂の発生個所を明確に特定できる解析手法を開発することができた。
Polycrystalline Ni-base super alloys are used for high temperature components, such as turbine blades and turbine disks under high tempreture condition. In order to use Ni-base super alloys safely and efficiently, understanding behavior and mechanism of creep damage formation is necessary. In this study, the analysis of creep damage formation for polycrystalline Ni-base super alloy was conducted. On the basis of results, grain boundaries of the creep crack initiation were obtained.
本文を読む

https://shonan-it.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=610&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報