紀要論文 試行的ナラティブ分析:学生は、海外研修で何を得たか
Exploratory qualitative study of students’ narratives:What did students gain through studying abroad?

鈴木, 栄

50 ( 1 )  , pp.73 - 83 , 2016-03-31 , 湘南工科大学
ISSN:09192549
NII書誌ID(NCID):AN10400308
内容記述
英語教育に関してEFL(English as Foreign Language)の環境にある日本では、英語を実際に使うコミュニティーに身を置くことが難しい。そうした学習者にとっては、英語を実際に使いながら、異なる文化や価値観を学ぶ機会として海外経験は貴重である。本研究では、ナラティブ研究アプローチを使い、2週間の海外語学研修中に学生のジャーナルに出現したポジティブ、ネガティブな感情と、それらをもたらしたモティべーション、行為主体性、学習コンテクストとの関係を探る。
real life accessing English-speaking communities. For those learners, an extended period of time spent in an environment where the target language is spoken is likely to be a highly effective way to learn the language.This study employs the form of a narrative inquiry to investigate emerged negative and positive feelings among students' journals during a two-week study period abroad and to find how those feelings are associated with motivation, agency and learning contexts.
本文を読む

https://shonan-it.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=605&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報