紀要論文 法人税制の新たな展開 : 英国の法人税制を参考にして
The New Development of Corporate Tax System: Refer to British Corporate Tax System
ホウジン ゼイセイ ノ アラタナ テンカイ エイコク ノ ホウジン ゼイセイ オ サンコウ ニ シテ

酒井, 翔子  ,  サカイ, ショウコ

内容記述
法人税率の引下げと課税ベースの拡大が世界的な法人税改革の潮流となっている今日、諸外国では、法人税と他税目との組合せである「タックスミックス」の見直しが改革の主流となっている。所得税、法人税、消費税等、個々の税法における改革に留まらず、全体として、税収中立的な改革が進められている。とりわけ、英国では、1970年代の支出税導入論を起源に、議論が重ねられてきた法人税のキャッシュフロー化に関して、抜本的な改革案も提案されている。その中でも、負債・自己資本による企業の資金調達方法や投資意思決定に対して中立な課税を可能にする法人株式控除(ACE)は、執行形態・適用効果の観点からも有用な制度である。
本文を読む

https://kaetsu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=331&item_no=1&attribute_id=41&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報