Departmental Bulletin Paper 保育園実習における看護学生の学び-健康障害をもつ子どもの支援-

杉村, 篤士  ,  藤塚, 真希  ,  佐藤, 朝美  ,  殿岡, 美絵子  ,  廣瀬, 幸美

11 ( 1 )  , pp.55 - 61 , 2018-03 , 横浜市立大学医学部看護学科・大学院医学研究科看護学専攻
ISSN:1882-8892
Description
本報告では、看護学生が地域で生活する健康障害をもつ子どもへの生活支援について学習できる実習方法の示唆を得ることを目的に、病棟実習後に保育園実習を実施した4年生95名のレポートを、質的帰納的に分析した。その結果、地域で生活する健康障害をもつ子どもに関する学生の学びは、保育園における健康障害をもつ子どもと家族の生活支援の実際、病院における健康障害をもつ子どもと家族の生活支援の重要性に分けられた。保育園における健康障害をもつ子どもと家族の生活支援の実際では、【健康障害をもつ子どもを守る体制づくり】【個別対応しながら集団生活を支えることの重要性】【健康障害をもつ子どもと親への包括的・継続的支援】、病院における健康障害をもつ子どもと家族の生活支援の重要性では、【入院が子どもに与える影響の大きさの再認識】【退院後の子どもと家族の生活を見据えた看護の重要性】の学びがあった。病棟実習後に行う保育園実習では、健康障害がある子どもの入院前や退院後の地域での生活にまで目を向けた看護の重要性を学べることが明らかになった。保育園実習では健康障害をもつ子どもが必ずしも在園しているとは限らないため、学生の学習をさらに深めていくためには病棟や保育園だけでなく、特別支援学校や障害児施設といった施設も実習に取り入れることや、学生が体験や学びを共有する場が必要であることの必要性が示唆された。
Full-Text

https://ycu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1364&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information