Departmental Bulletin Paper 同種造血幹細胞移植後の急性GVHDの病態とマクロファージの活性化との関連

宮崎 , 拓也

68 ( 1・2 )  , pp.47 - 51 , 2017-05-30 , 横浜市立大学医学会
ISSN:0372-7726
Description
:同種造血幹細胞移植後に発症する移植片対宿主病(GVHD)は,しばしば診断や治療に苦慮する移植関連の主要な合併症である.移植後早期にみられる急性GVHDはドナー由来のT細胞が宿主を異物とみなすことによって生じるが,その他にも様々な免疫反応がGVHDの病態を形成する.移植後のマクロファージの活性化も急性GVHDの病態形成に重要であることが示唆されるものの,そのメカニズムや臨床的意義は十分に解明されていない.そこで本総説では,まず急性GVHDの診断,病態,そして診断・予後因子として有用な新規バイオマーカーに関するこれまでの知見を概説する.さらに,急性GVHDの病態とマクロファージの活性化との関連に着目し,現在我々が行っている臨床研究を紹介しつつ,移植後のマクロファージの活性化が急性GVHDをはじめとした移植関連合併症に与える影響について考察する.
Full-Text

https://ycu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1225&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information