紀要論文 メトホルミンによる大腸腫瘍の新規予防法開発への取り組み

日暮 , 琢磨  ,  中島, 淳

68 ( 1・2 )  , pp.35 - 46 , 2017-05-30 , 横浜市立大学医学会
ISSN:0372-7726
内容記述
大腸癌の罹患率,死亡率は本邦のみならず世界中で増加傾向であり対策が求められている.特定の栄養素や医薬品の投与によって癌を積極的に予防するという方法を化学予防というが,糖尿病の治療薬のひとつであるメトホルミンを用いた大腸癌の化学予防の取り組みを概説する.メトホルミンは複数の大規模疫学研究により内服者は非内服者と比較して大腸癌を含む種々の癌の発生が少ないことが報告されている.我々はこの事実に着目し,2つの大腸発癌モデルマウスを用いてメトホルミンの予防効果を実証し,その機序がAMPKの活性化とmTORの抑制にあることを示した.更にトランスレーショナルリサーチとして臨床研究を行い,大腸癌の代替指標であるヒト直腸にあるAberrant Crypt Foci が減少すること,ポリープ切除後の新規ポリープの発生を抑制することを,無作為比較試験を実施し報告した.大腸癌の罹患,死亡の抑制に向けて今後更なる発展が期待される.
本文を読む

https://ycu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1224&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報