Departmental Bulletin Paper 双子を正期産で出産した母親の育児体験 肯定的感情が母親役割の獲得へ及ぼす影響

今野, 和穂  ,  廣瀬, 幸美  ,  臼井, 雅美  ,  石田, 貞代

9 ( 1 )  , pp.9 - 17 , 2016-03-31 , 横浜市立大学医学部看護学科・大学院医学研究科看護学専攻
ISSN:1882-8892
Description
目的:双子を正期産で出産した母親の育児体験から肯定的感情が母親役割の獲得へ及ぼす影響について検討することを目的とした。方法:双子を正期産で出産した母親5名を対象に、産後3ヵ月間の育児体験について半構造化面接法を実施し質的統合法(KJ法)を用いて分析した。結果:双子の母親は、【理解のない周囲へのストレス】と【双子育児でのプラスとマイナス面を意識】しながらも、【双子育児の中で試行錯誤】する中で、【双子を理解していく楽しみ】を感じながら【自分なりの育児確立】をし、【双子の母親としての達成感】や【自己成長を感じる喜び】という肯定的感情を体験していた。考察:双子の母親の肯定的感情は、愛着形成と母親としての自信を得る体験に関連し、母親役割の獲得へ影響を与えていると考えられた。また、肯定的感情を伴わない体験も育児の中で試行錯誤することで肯定的感情を伴う体験へ繋がり、母親役割を獲得することに関係していた。
Full-Text

https://ycu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=520&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information