紀要論文 才能教育 (スズキ・メソード) とヤマハ音楽教室、そして楽器産業の発展

西野, 勝明

28 ( 1 )  , pp.33 - 43 , 2015-12-25 , 静岡県立大学経営情報学部
ISSN:09188215
内容記述
ヤマハ音楽教室は楽器産業の需要創造をもたらした画期的なソフトなイノベーションであるが、 その教育のコンセプト、 教育手法は、 バイオリニストの鈴木鎮一が開発した才能教育の手法 (スズキ・メソード) を概ね受け継いだものであった。 ヤマハは、 音楽教室を、 事業採算性を持ったビジネスモデルとして完成させ、 我が国のみならず、 世界にその普及を図った。 音楽教室は教育産業であり、 その需要の創造は、 補完財である楽器の需要を創造して楽器産業の成長をもたらした。 一方、 才能教育は世界で最初の幼児からの音楽教育手法として我が国から米国など海外にも広く普及した。
本文を読む

https://u-shizuoka-ken.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4353&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報