Departmental Bulletin Paper 足浴が体温に及ぼす影響について

大滝 周:筆頭著者:責任著者  ,  川嶋 昌美  ,  高木 睦子  ,  津川 博美  ,  福岡 絵美  ,  浅野 和仁

77 ( 1 )  , pp.82 - 87 , 2017-02 , 昭和大学学士会
ISSN:2187-719x
Description
足部保温は,臨床の現場や日常生活の中で血流改善や温熱作用による鎮痛効果,リラックス効果などのさまざまな目的で活用されている.しかし,足部保温の体温変動に及ぼす影響について言及している論文は見当たらない.そこで今回,足部保温の1つとして看護の現場で多用されている足浴が体温の変動に及ぼす影響について明らかにすることを目的とし健康な女性を対象に研究を行った.被験者の両下肢を40℃に設定した足浴器(高陽社製,足湯器 冷え取り君FB-C80)の湯に膝下20cmまで15分間浸漬,深部温度と外殻温度を測定した.最初に足浴による保温が体温に及ぼす影響を調べるために,深部温度および外殻温度の体温測定を行った.その結果,深部温度は,保温終了5分後,10分後もほぼ一定の状態で経過した.一方,外殻温度は足浴に伴い上昇し,その後,一定の状態での経過あるいは温度の低下がみられた.次に,保温終了5分後の深部温度および外殻温度について比較を行った.その結果,深部温度と外殻温度に有意な差が認められた.これらの結果より足浴が体温に及ぼす影響として,深部温度の変化はみられないが外殻温度の変化がみられることが示唆された.
Full-Text

http://lilitory.showa-u.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=4489

https://lilitory.showa-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4489&item_no=1&attribute_id=38&file_no=1

Number of accesses :  

Other information