紀要論文 十二指腸潰瘍に起因する十二指腸結腸瘻の1例

山下 剛史:筆頭著者:責任著者  ,  村上 雅彦  ,  榎並 延太  ,  古泉 友丈  ,  大塚 耕司  ,  五藤 哲  ,  藤森 聰  ,  渡辺 誠  ,  青木 武士

75 ( 5 )  , pp.587 - 591 , 2015-10 , 昭和大学学士会
ISSN:2187-719x
内容記述
86歳男性。整形外科疾患に対して鎮痛剤を長期内服していた。腹痛、下痢、食欲低下などで当科受診し、高度貧血を認め精査のため入院となった。諸検査にて十二指腸潰瘍による十二指腸横行結腸瘻と診断し、絶食、中心静脈栄養、proton pump inhibitor投与を行った。その後、腹痛、黒色便は消失し、貧血は改善傾向を認めた。経過観察の上部消化管内視鏡検査では、潰瘍は縮小するも瘻孔は難治性であった。以上より、瘻孔に対する手術が必要と判断したが、瘻孔部を含めた胃切除では侵襲が大きいと考え、胃空腸バイパス手術を選択した。術後経過は良好であった。退院後2ヵ月が経過し、内視鏡検査で潰瘍は瘢痕化し瘻孔は消失した。近年、制酸剤の進歩などにより減少してきており、十二指腸潰瘍の結腸への穿通は最近では稀な疾患である。本疾患に対する治療としては瘻孔切除を基本とした手術が多く行われるが、本症例は高齢でありバイパス手術を選択したが、良好な経過を得ることができた。本症例につき若干の文献的考察を含め報告する。(著者抄録)
本文を読む

http://lilitory.showa-u.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=4067

http://lilitory.showa-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4067&item_no=1&attribute_id=38&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報