Departmental Bulletin Paper 腹腔鏡が損傷部位同定に有用であった腹部打撲による小腸穿孔の1例

藤政 浩一朗:筆頭著者:責任著者  ,  村上 雅彦  ,  渡辺 誠  ,  野垣 航二  ,  五藤 哲  ,  草野 智一  ,  松田 和広  ,  北島 徹也  ,  大野 浩平  ,  内田 茉莉依  ,  山崎 公靖  ,  藤森 聰  ,  大塚 耕司  ,  青木 武士  ,  加藤 貴史

75 ( 4 )  , pp.486 - 489 , 2015-08 , 昭和大学学士会
ISSN:2187-719x
Description
症例は57歳男性。通勤ラッシュの駅構内で駆け込み乗車をしようとしたところ、ホームの防護柵で左上腹部を打撲。直後より、心窩部の激痛を自覚し、近医に救急搬送された。心窩部に圧痛と腹膜刺激症状、腹部CTで肝表面に遊離ガスを認め、穿孔性腹膜炎の診断で当科紹介となった。受傷5時間後に小腸穿孔を強く疑い、腹腔鏡下に腹腔内観察したところ、中等量の汚染腹水を左横隔膜下に認めた。胃、十二指腸に異常所見は認めなかったが、上部小腸周囲に白苔を伴う炎症所見が観察されたため、上腹部正中に4cmの小切開を追加した。創外で小腸を検索したところ、Treitz靱帯より約35cm肛門側の小腸に約1.5cm×1.0cmの穿孔部を1ヶ所認めた。穿孔部位をトリミング後に縫合閉鎖し、手術終了とした。その他、明らかな臓器損傷部位は認めなかった。術後経過良好で、第11病日に退院となった。鈍的腹部外傷による小腸穿孔は術前診断・穿孔部位同定に難渋することが多い。循環動態が安定していれば腹腔鏡下手術は低侵襲下に診断、治療が施行できるため有用であると考えられた。(著者抄録)
Full-Text

http://lilitory.showa-u.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=4055

http://lilitory.showa-u.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4055&item_no=1&attribute_id=38&file_no=1

Number of accesses :  

Other information