紀要論文 <研究ノート> ピケティ『21世紀の資本』をめぐって--主な批判(補遺) (経済学部特集号:櫻井幸男教授退職記念号)
<Research Note> A Consideration on T. Piketty, Capital in the Twenty-First Century --critical questions (2) (Speical Issue of the Faculty of Economics ; Studies Presented to Prof. Yukio Sakurai on his Retirement)
ケンキュウノート ピケティ 21 セイキ ノ シホン ヲ メグッテ オモナ ヒハン ホイ ケイザイ ガクブ トクシュウゴウ サクライ ユキオ キョウジュ タイショク キネンゴウ

小川,雅弘

67 ( 2 )  , pp.113 - 120 , 2016-07-15
ISSN:0474-7909
NII書誌ID(NCID):AN00028448
内容記述
前稿(小川[2015])以後に出たピケティ『21世紀の資本』についての評価と批判を概観する。とくに格差拡大の要因は労働所得だとする批判,および資本と労働の代替の弾力性,利潤獲得のリスク,相続という論点を見る。
本文を読む

http://www.i-repository.net/il/user_contents/02/G0000031Repository/repository/keidaironshu_067_002_113-120.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報