紀要論文 <研究ノート> 職場のハラスメント状況下におけるストレッサ―の生起過程 (情報社会学部特集号:藤本義治教授・西山豊教授退職記念号)
<Article> The process of job stressors and psychological harassment (Speical Issue of the Faculty of Information Technology and Social Sciences ; Studies Presented to Prof. Yoshiharu Fujimoto Prof. Yutaka Nishiyama on Their Retirement)
ケンキュウノート ショクバ ノ ハラスメント ジョウキョウカ ニオケル ストレッサー ノ セイキ カテイ ジョウホウシャカイ ガクブ トクシュウゴウ フジモト ヨシハル キョウジュ ニシヤマ ユタカ キョウジュ タイショク キネンゴウ

永冨,陽子

66 ( 5 )  , pp.243 - 248 , 2016-01-15
ISSN:0474-7909
NII書誌ID(NCID):AN00028448
内容記述
本論文は,ハラスメント体験を端緒とするストレッサーの生起過程の因果モデルを構成し,その妥当性の検証を通してストレッサーの生起過程を明らかにすることを検討した。共分散構造分析の結果,ハラスメント体験をした労働者が,まず「職場の人間関係」のストレッサーを生起し,次に仕事の要求度が高くなり,仕事の裁量度が低くなる結果,高いストレス反応を引き起こすという因果モデルは生起順序の一つの答えであると言える。つまりストレッサーの生起過程において順序があるということは,各ストレッサー発生段階において,次のストレッサーを予見し対処することが可能であるということが示唆された。今後,具体的かつ有効な対処などをさらに検討することが必要である。
本文を読む

http://www.i-repository.net/il/user_contents/02/G0000031Repository/repository/keidaironshu_066_005_243-248.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報