Departmental Bulletin Paper <研究ノート> 日本農法史からみる農業の未来 (情報社会学部特集号:藤本義治教授・西山豊教授退職記念号)
<Research Note> The Agriculture in the Future based on the Agricultural History in Japan (Speical Issue of the Faculty of Information Technology and Social Sciences ; Studies Presented to Prof. Yoshiharu Fujimoto Prof. Yutaka Nishiyama on Their Retirement)
ケンキュウノート ニホン ノウホウシ カラ ミル ノウギョウ ノ ミライ ジョウホウシャカイ ガクブ トクシュウゴウ フジモト ヨシハル キョウジュ ニシヤマ ユタカ キョウジュ タイショク キネンゴウ

德永,光俊

66 ( 5 )  , pp.205 - 218 , 2016-01-15
ISSN:0474-7909
NCID:AN00028448
Description
本稿では,日本農法史からみる農業の未来についてお話ししたいと思います。最初に農業をどのように見ていくか,次いで江戸農書の概要と特徴,そして日本農法の大まかな流れをお話しします。自然の循環に従う天然農法から,人間の力で自然を変えていこうとする人工農法,そして自然の循環を人間の力で再復興しようとする,天然と人工を融合させた天工農法へという流れです。さらには現在の状況と有機農業の位置づけをお話しして,最後にこれからの日本農業の展望を私なりに述べてみたいと思います。
Full-Text

http://www.i-repository.net/il/user_contents/02/G0000031Repository/repository/keidaironshu_066_005_205-218.pdf

Number of accesses :  

Other information