紀要論文 <論考> 一日黒点の周期性
<Article> Periodic occurrence of one-day sunspot
ロンコウ イチニチ コクテン ノ シュウキセイ

久保田,諄 / 鈴木,美好

66 ( 1 )  , pp.165 - 171 , 2015-05-15
ISSN:0474-7909
NII書誌ID(NCID):AN00028448
内容記述
太陽面に現れる短寿命の微小な黒点(一日黒点)の数の全体の黒点数に対する割合を求め,その経年変化を調べた。この変化には黒点の11年周期の影響は消え,約80年の周期が認められて,グライスベルグ周期(約80年)と一致する。このグライスベルグ・サイクルの極小において微小黒点の発生する割合が増加することが明らかになった。太陽面上の黒点の動きから求めた太陽の自転速度は緯度が高くなるに従って遅くなる差動自転であるが,この差動自転の緯度勾配も約80年の周期で変化するので,微小黒点の発生割合の変化と太陽の自転周期の変化との関係を調べた。
本文を読む

http://www.i-repository.net/il/user_contents/02/G0000031Repository/repository/keidaironshu_066_001_165-171.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報