紀要論文 診療看護師が行う超音波検査の有用性

齋藤, 真人  ,  渡邊, 隆夫

内容記述
超音波検査は非侵襲的かつリアルタイムに患者の身体情報を収集できるアセスメント機器である。フィジカルアセスメントや看護ケアを行う際のツールとして超音波検査は画像で評価をおこなうことから情報の客観性が高く、患者に対して無侵襲かつ経時的に評価が可能である。さらには必要な情報を可視化できる点で非常に有用である。患者に接する時間の多い看護師にとって超音波検査は聴診器とならび臨床業務の補助器具として有用性が高い機器である。大学院教育で超音波検査について系統的に学習する診療看護師が看護学領域での超音波検査の活用をリードしていくことで臨床看護にとって超音波検査が身近な存在となりえる可能性が示唆された
本文を読む

https://tbgu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=888&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報