紀要論文 女子医療福祉系学生の喫煙と精神健康状態・ストレスコーピング・自己効力感の関連
Relationship between smoking and mental health in female medical welfare students

菅谷, 洋子  ,  小林, 智  ,  西本, 典良

16pp.9 - 16 , 2018-03-31 , 東北文化学園大学医療福祉学部保健福祉学科
ISSN:13484567
NII書誌ID(NCID):AA11886305
内容記述
本研究の目的は、喫煙と精神健康状態・ストレスコーピング・自己効力感との関係を医療福祉系の女子学生を対象に調査し、喫煙者と非喫煙者の心理的特徴を明らかにすることである。18~35歳の女性328人(喫煙経験者33人、非喫煙者295人)が本研究に参加した。心理指標としてGHQ28、CES-D、GCQ、SESを用い、これらの変数についてt検定、相関分析、重回帰分析を行った。t検定の結果、喫煙経験群は非喫煙群よりGHQ28の得点が有意に高いことが明らかになった。相関分析および重回帰分析の結果、喫煙状態とGHQ28得点との間に正の相関係数および偏回帰係数が示された。また、GHQ28の得点と自己効力感(SES)、及び情緒的サポート希求(GCQ)との間の負の相関係数と偏回帰係数が有意であり、GHQ28の得点と問題解決(GCQ)との間の正の偏回帰係数が有意であった。これらの結果から、精神健康の維持向上により喫煙習慣が未然に防がれる可能性が示唆された。また、情緒的サポート希求の使用頻度、及び、自己効力感を高めることで喫煙の未然防止に間接的に寄与する可能性が示唆された。
本文を読む

https://tbgu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=880&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報