紀要論文 特許情報データベースを活用したマエカワの「エンドファイト」事業に関する調査研究
A study on the Maekawa's New Business about the Endophyte\nBased on the Database of Patent Information

小出, 実

16 ( 1 )  , pp.57 - 84 , 2017-03-20 , 東北文化学園大学総合政策学部
ISSN:1346-8561
NII書誌ID(NCID):AA11821081
内容記述
先ず、組織間知識創造の理論をある技術分野のプロジェクトを分析単位としたプロジェクト内の構成メンバーの相互作用を通じた発明の知識創造プロセスへ適用する。次に“複数の類型化した発明の特徴点である技術要素(Fターム)”に注目する。このFタームを利用した組織的で長期的な技術要素の形成プロセスを明らかにする時系列データの産学連携(新トリプルへリックス)分析法を提案する。産学官連携におけるイノベーションの成功例として場所的経営を提唱している前川製作所の微生物である「エンドファイト」の事業を採り上げる。トリプルへリックスの概念に基づく産業界、大学、政府三者間の知識共創プロセスに着目し共同体の広がりと問題領域の深掘りに関して調査する新トリプルへリックス分析法を開発し適用分析を行なった。その結果、産学官連携におけるイノベーション機会の発見に関係するトリプルへリックスの知識創造プロセスを明らかにした。
本文を読む

https://tbgu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=871&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報