紀要論文 地域在住高齢者における社会活動の関連要因 : 仙台市を事例として
Primary Factors in Elderly Local Area Residents' Participation in Social Activities : Sendai as a Real-World Example

桂, 理江子  ,  佐藤, 直由

15pp.1 - 10 , 2017-03-31 , 東北文化学園大学医療福祉学部保健福祉学科
ISSN:13484567
NII書誌ID(NCID):AA11886305
内容記述
本研究の目的は、社会活動を行っている高齢者の参加に関連する要因を検討することとした。調査方法は、仙台市において、無作為に抽出した65~84歳の高齢者に対し自記式調査票を用いた郵送調査を行った。分析対象者は、自立している222人(平均年齢71.7歳)とした。社会活動は、橋本らの社会活動指標を参考に、「趣味」「スポーツ」「学習活動」「ボランティア」の4つの種別で捉え、各活動を活動状況別に基本属性、身体的・社会的状況、活動認知状況等と比較・検討した。4つの種別において活動群と非活動群に有意差が認められた項目を独立変数とし、重回帰分析を行った結果、仙台市在住の社会活動が活発な高齢者の特徴として、暮らし向きが普通以上であること、外出等への誘いがあること、スポーツおよび学習活動への活動参加意向があること、の4項目が関連していることが明らかとなった。
本文を読む

https://tbgu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=856&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報