Departmental Bulletin Paper 精神科病棟における火災対策への課題

松田, 優二  ,  髙橋, 聡美

Description
本研究は、筆者らが過去に行った調査に基づき、精神科病棟における火災対策の状況をまとめ、病棟の管理体制や消防用設備、喫煙環境を中心とした今後の火災対策への課題を検討することを目的とした。調査結果より、精神科病院における火災対策への課題として以下の内容が明らかになった。1.火災時の身体拘束の解除、保護室の開錠の明確な基準を検討する。2.精神科の特殊的な治療環境などをふまえて夜間の救護区分を見直し、避難経路を検討しておく。3.防災マニュアルは病院単位ではなく、病棟ごとに作成する。4.消火器をナースステーションに一括集約せざるを得ない環境であれば、通常より多く備えておく。5.患者の誘導のためのヘッドランプ付きのヘルメットを用意する。6.スプリンクラーなど消防用設備の老朽化、未設置箇所に関しては早急な対策を講じる。7.喫煙対策としては、患者の協力を得ながら病院内もしくは敷地内を禁煙にする。
Full-Text

https://tbgu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=831&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information