Departmental Bulletin Paper 日本と韓国の大学生における国際交流会の実践と課題 : 異文化交流プログラムとその評価を中心に
Practice of an international exchange of Japanese Korean students and its issue hereafter : From the viewpoint of cross-cultural exchange program and its evaluation

村田, 道彦  ,  菅野, 淑江

14pp.37 - 45 , 2016-03-31 , 東北文化学園大学医療福祉学部保健福祉学科
ISSN:13484567
NCID:AA11886305
Description
本稿では、異文化交流プログラムを企画し、日本と韓国の学生における国際交流会を開催した成果について報告する。その成果として、次のことがあげられる。①「日本食の試食」「伝統民謡の歌・踊り」等、催し物を通して両国の文化や習慣を体験できる機会を得ることができた。②「日本の社会福祉士の意義や役割」「福祉職の就職先」等、意見交換会にて福祉や看護の専門性および活動について情報交換をすることができた。③「コミュニケーション・カード」「スマートフォン」等を利活用して、相互理解に努めた。以上のことから、国際交流会では、学生同士互いの文化の違いを十分理解し合いながら、接するようすが見られた。また、さまざまな用具を活用し、コミュニケーションツールを多様化させ、学生同士の相互理解・自己省察の深化が見られた。今後の課題は、事前学習を含めた早い段階での準備に努め、学生の自主的な企画・運営を支援することである。
Full-Text

https://tbgu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=732&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information