紀要論文 我が国の保育ソーシャルワークと精神保健福祉学について : 保育ソーシャルワークの援助技術の在り方 : 精神保健福祉援助の必要性について
For childcare social work and mental health Welfare

小玉, 幸助  ,  森谷, 就慶

14pp.19 - 25 , 2016-03-31 , 東北文化学園大学医療福祉学部保健福祉学科
ISSN:13484567
NII書誌ID(NCID):AA11886305
内容記述
保育士国家資格を取得するためには、保育相談支援(以下、保育ソーシャルワーク)の必修科目を取得しなければいけない。保育ソーシャルワークでは保護者対応を中心に相談援助を図る科目であるが、最近では精神疾患や虐待への対応を保育士に求めている。保育ソーシャルワーク研究では、社会福祉援助技術あるいは保育士固有の相談援助技術などの主張がある。しかしながら、精神保健福祉援助技術に関する指摘がない。保護者支援をするうえで、精神的不健康な保護者を支援するならば、精神保健福祉援助技術の必要性は高い。結論、本研究では先行研究及び育児不安を抱く保護者の現状を調査し、精神保健福祉援助技術の重要性を考察していく。
本文を読む

https://tbgu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=722&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報