Departmental Bulletin Paper がんピアサポーター養成研修前後における受講生のピアサポーター像の変化
The change in trainees' images of peer supporters for cancer before and after peer supporter training

伊藤, 奈美  ,  別所, 史恵  ,  坂根, 可奈子  ,  平野, 文子  ,  三島, 三代子  ,  石橋, 鮎美  ,  安食, 里美  ,  Nami, ITO  ,  Fumie, BESSHO  ,  Kanako, SAKANE  ,  Fumiko, HIRANO  ,  Miyoko, MISHIMA  ,  Ayumi, ISHIBASHI  ,  Satomi, ANJIKI

10pp.33 - 42 , 2015-12-28
ISSN:2187199x
NCID:AA12602822
Description
がんピアサポーター養成研修前後の受講生が描くピアサポーター像を明らかにし、研修の成果と課題を検討することを目的に質的に分析した。研修前後とも【コミュニケーション技術】【ピアサポーターとしての心構え】【ピアサポーターとしての存在意義】【期待される社会的役割】の4カテゴリーに分類された。研修後はがんピアサポーターに関する内容の多様化、および表現の具現化が見られた。がんピアサポーターに求められる知識や技術、対等な立場で共に考える姿勢、ピアサポーターの自覚と責務が醸成され、研修成果を得たと考えられる。今後は最新のがん知識を取り入れたカリキュラムの更新、受講生への心理的支援の必要性が示唆された。
Full-Text

https://ushimane.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1587&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information