会議発表用資料 JT-60SAの組立の進展

岡野, 文範  ,  正木, 圭  ,  柳生, 純一  ,  芝間, 祐介  ,  櫻井, 真治  ,  中村, 誠俊

2018-06-28
内容記述
量研(QST)那珂核融合研究所ではITERを支援・保管する超伝導核融合実験装置の建設を行っている。現在は、18体あるトロイダル磁場コイル(TFC)の17体目の組立てを行っている。TFCの組立てにおいては電流中心等を基準として±1mmの精度で行う必要がある。最後のTFCは、真空容器・真空容器熱遮蔽体20°と一体化し、20°セクター部に挿入し組立てを行う。本講演では、TFCと20°セクター部の組立を中心にJT-60SAの組立の進展及び今後の組立予定について発表する。
第12回核融合エネルギー連合講演会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報