一般雑誌記事 植物科学における放射性トレーサイメージングの最前線

田野井慶太朗(東京大学)  ,  河地, 有木  ,  古川純(筑波大学)

(499)  , pp.6 - 10 , 2018-07 , 株式会社千代田テクノル
内容記述
生体内の物質動態を把握することは、生命現象を捉えるために必須な作業の 1 つである。数ある手法の中でも、可視化技術は物質動態を把握するための強力なツールである。他の生命体同様、植物科学においても物質動態研究は重要な研究分野である。例えば、植物による環境修復や作物生産の研究分野では、どういった物質がどのように植物へ取り込まれ、どのように植物体内に分布するのかを知ることは研究の最も重要な関心事である。本稿では、植物科学分野においてこれまで開発されてきた可視化技術を紹介し研究例を示すことで、多くの植物研究者に対して利用を促す機会としたい。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報