Presentation ITER TFコイル容器の製作進捗と初号機完成

井口, 将秀  ,  櫻井, 武尊  ,  尾関, 秀将  ,  洪, 胤碩  ,  藤原, 英弘  ,  高野, 克敏  ,  猪野, 昌信  ,  堤, 史明  ,  金森, 信乃  ,  齋藤, 健吾  ,  田中, 信彦  ,  栗田, 智久  ,  花岡, 敏成  ,  中平, 昌隆  ,  小泉, 徳潔

2018-05-28
Description
量研機構は、ITER計画において、9個のトロイダル磁場コイル(TFコイル)と19個のTFコイル容器の調達を担当している(予備1個を含む)。TFコイルは、高さ16.5m、幅9mの超大型で複雑な形状を有するD型の超伝導コイルである。TFコイルは、コの字断面を呈する容器(AU及びBU)と、それらの蓋となるAP及びBPに、超伝導巻線を格納して製作される。AU、APはトカマク装置中心側(インボード)、BU、BPは装置外側(アウトボード)のTFコイル容器である。TFコイル容器はベーシック・セグメントというTFコイル容器を分割した単位で製作し、それらをセグメント間溶接することで主構造体を製作し、冷却配管取付けを取り付けることで製作される。TFコイル容器製作後、TFコイル容と超伝導巻線を一体化する際に実施する溶接の溶接開先の合わせ試験を完成試験として実施し、完成となる。量研機構では2014年4月から実機TFコイル構造物の製作を開始し、2017年12月に初号機の完成検査を終了させた。本稿ではその進捗について報告する。
2018年度春季(第96回)低温工学・超電導学会

Number of accesses :  

Other information