会議発表用資料 イオン伝導体を用いたリチウム同位体分離条件に対する数値解析

小林, 恵太  ,  小林, 恵太  ,  星野, 毅

2018-03-28
内容記述
増殖機能材データの拡充のために必要な研究として、核融合燃料製造に必要なリチウム6を、イオン伝導体を分離膜とし、分離濃縮する研究開発を行っている。Liイオン伝導体を同位体分離膜として用いることにより、高い6Li同位体分離係数を得られることが可能となるが、Li溶液に含有されるプロトン、ナトリウム等の他元素がLi回収の阻害要因となる。今回、第一原理計算と機械学習を適用し、リチウム選択吸着性を持つイオン伝導体の探索を行った。
日本原子力学会2017年春の年会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報