会議発表用資料 「アルファ線核医学治療 現状と展望」

東, 達也

2018-03-18
内容記述
JSTによる産学共創プラットホーム共同研究推進プログラム(OPERA)研究として、昨年採択された「安心・安全・スマートな長寿社会実現のための高度な量子アプリケーション技術の創出(QiSS)」のキックオフシンポジウムで、東が発表を行う。「健康長寿社会実現のためのアルファ線内用療法の開発」の達成に向け、加速器の小型化、短寿命RI製造、薬剤開発、レギュラトリーサイエンスをQSTも大阪大学と共同で企業や大学・研究機関と共同で実施することとなった。
OPERA安全・安心・スマートな長寿社会実現のための高度な量子アプリケーション技術の創出キックオフシンポジウム

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報