学術雑誌論文 Progress of ITER TF Coil Case fabrication in Japan

井口, 将秀  ,  櫻井, 武尊  ,  辺見, 努  ,  藤原, 英弘  ,  猪野, 昌信  ,  西野, 雅夫  ,  田中, 信彦  ,  金森, 信乃  ,  栗田, 智久  ,  花岡, 敏成  ,  洪, 胤碩  ,  堤, 史明  ,  中平, 昌隆  ,  小泉, 徳潔

28 ( 3 )  , pp.4202105(1) - 4202105(5) , 2018-04 , IEEE
ISSN:1051-8223
内容記述
量研機構はITER計画においてTFコイル構造物の調達を担当している。TFコイル構造物はD型形状の超伝導巻線を格納する高さ16.5m、幅9m、重量200トンの超大型で複雑な形状を呈している。量研機構ではこれまで実機大の試作を実施し、製造計画を確立してきた。その計画に基づき2014年4月から実機TFコイル構造物の製作を開始し、2016年にTFコイル1号機用のAU主構造体が完成した。本稿ではITRE TFコイル構造物の製作状況を報告する。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報