会議発表論文 高輝度中赤外レーザーを用いた非侵襲血糖値センサーの開発

山川, 考一

(64)  , pp.3 - 8 , 2018-02 , 一般社団法人日本光学会
内容記述
先端固体レーザーと光パラメトリック発振(OPO)技術を融合することにより、手のひらサイズの高輝度中赤外レーザーを開発し、国際標準化機構(ISO)が定める測定精度を満たす非侵襲血糖測定技術を確立した。本稿では、本技術の特徴及び他技術に対する優位性について解説する。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報