会議発表用資料 リアルタイムトムソンパラボラの開発とレーザー駆動multi-MeV純プロトンビームの0.1 Hz高繰り返し計測

神野, 智史  ,  金崎, 真聡  ,  清水, 和輝  ,  上坂, 充  ,  桐山, 博光  ,  福田, 祐仁

2018-01-25
内容記述
レーザー駆動プロトン加速において,我々はミクロンサイズの水素クラスターターゲットのクーロン爆発による加速に注目している.たとえば,直径1.2 µmの水素クラスターに集光強度1.6 x 10^21 W/cm^2のレーザー光を照射すると,最大99 MeVのプロトンが加速されることがクーロン爆発モデル2)により,予測されている.応用の観点からも,水素クラスターターゲットは高繰り返し動作(最大600 Hz)で供給でき,デブリフリーで光学ミラーを汚すことなく,高純度のプロトンビームが生成可能なため,有用であると考えている.これまで,水素クラスター生成装置の開発を行ってきており,今回初めて,水素クラスターターゲットをレーザー駆動プロトン加速実験に用いた.本実験において,実験条件を様々に変えてイオン加速の最適条件を迅速に探索できるように,リアルタイムトムソンパラボラ検出器を開発し,クーロン爆発により加速されたプロトンエネルギーのリアルタイム計測を試みた。
レーザー学会学術講演会第38回年次大会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報