Presentation プルトニウムの発がん研究から福島事故後の環境生物影響研究まで

久保田, 善久

2018-03-16
Description
「プルトニウムの発がん研究から福島事故後の環境生物影響研究まで」のタイトルで40分間の特別講演を行った。放射線医学総合研究所が1980年代から2000年頃まで実施したプルトニウムリスク評価研究、特に酸化プルトニウムエアロゾルの吸入発がん実験の背景と成果について、また2000年代に入って開始した環境の放射線防護研究の変遷と成果を東京電力福島第1原子力発電所事故の環境生物への影響研究と関連付けて、一般聴衆にも理解できるように平易な内容で紹介した。
放射線安全管理学研究会

Number of accesses :  

Other information