会議発表用資料 山菜への放射性セシウムの面積あたりの移行係数

田上, 恵子  ,  内田, 滋夫

2018-03-13
内容記述
東電福島第一原発事故直後から様々な食品の放射性核種モニタリングが開始され、一部の地域で継続されている。現在、基準値を超えるのは野生からの食材にほぼ限定される。福島県内で行われている放射性核種の農林水産物モニタリング情報から山菜(例えば、ワラビ、ウワバミソウ、タケノコ[キノコを除く])について2015年〜2017年の3年間におけるデータを整理したところ、3200件を超えるデータがあり、基準値越えの数は年々減少傾向である。ただし、汚染レベルの高い地域から採取しない、または、以前基準値越えをした山菜を採取しない等のバイアスがかかっている可能性があり、移行割合が減っているのかは明確ではない。筆者らは山菜を放医研敷地内において継続して測定しており、そのデータから山菜への放射性セシウムの移行係数を求めた。
第19回「環境放射能」研究会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報