学術雑誌論文 The Moss Physcomitrella patens is Hyperresistant to DNA Double-Strand Breaks Induced by γ-Irradiation

横田, 裕一郎  ,  坂本, 綾子

9 ( 76 )  , pp.1 - 11 , 2018-02 , MDPI AG
ISSN:2073-4425
内容記述
放射線の標的となるゲノムDNAが多い生物は放射線に弱いが、植物はゲノムDNAが多いにもかかわらず放射線に強いことが知られる。本研究では、モデル植物”ヒメツリガネゴケ”の単細胞集団に放射線を照射し、細胞の生存率とDNA2本鎖切断の数を測定した。その結果、コケ細胞は動物細胞の致死線量を200倍も上回る量の放射線を当てても生き残ること、その原因として、コケ細胞は動物細胞と比べて、線量・DNAあたりに生じるDNA2本鎖切断が1/3と少なく、さらに、DNA2本鎖切断が細胞内に3倍多く生じても生き延びられることを世界で初めて発見した。本成果は、DNA2本鎖切断が生じるような厳しい環境の中でも遺伝情報を護る植物の未知の仕組みの解明に繋がる重要な知見である。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報