会議発表用資料 GaN表面のX線CTR散乱測定

佐々木, 拓生  ,  岩田, 卓也  ,  高橋, 正光

2018-01-10
内容記述
半導体薄膜成長の起点となる表面の原子配置は、結晶品質の良し悪しに影響するため、素子応用の観点からも重要である。特に、窒化ガリウム(GaN)の分子線エピタキシャル(MBE)成長では、反射高速電子線回折(RHEED)や表面脱離元素量の結果から、GaN表面に2原子層ほど液体状に存在する、いわゆるGa二原子層(Ga-bilayer)の存在が重要であることが定説となっている。ただし、従来の測定手法では、Ga-bilayerのような薄い層の構造を調べるには限界があり、特に表面面内方向において、Ga原子がランダムに存在しているのか、それとも液体にもかかわらず秩序構造を有しているかは明らかになっていない。そこで本研究は、表面構造の違いに顕著なCrystal Truncation Rod(CTR)散乱測定をGaN表面に適用した。
第31回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報