Presentation 高温高圧法による新規水素化物探索の最近の成果

齋藤, 寛之  ,  森本, 勝太  ,  谷上, 真惟  ,  談儀, 和祐  ,  村上, 心  ,  高木, 成幸  ,  佐藤, 豊人  ,  飯島, 祐樹  ,  綿貫, 徹  ,  折茂, 慎一

2017-11-16
Description
水素の化学ポテンシャルが急増する1 GPa以上の高圧下では、金属と水素の反応性が高まり、新規水素化反応が実現しやすくなることが期待できる。放射光その場観察技術を組み合わせると、高温高圧下の試料の構造情報をほぼリアルタイムで得ることができるため、水素化反応を効率的に探索することが可能となる。理論計算による反応予測、および、計算結果と回収試料の分析結果の比較による構造・物性評価によって、新規水素化反応探索・水素化物合成研究が飛躍的に進捗する。発表者らのグループによる最新の成果について紹介する。
「水素化物に関わる次世代学術・応用展開研究会」 第4回研究会

Number of accesses :  

Other information