Presentation 遺伝的アルゴリズムのプラズマ物理モデリングへの応用

本多, 充

2017-11-29
Description
遺伝的アルゴリズムは大域的最適化問題を解く上で有力な手法であり、勾配に基づく方法では上手く扱えない問題に対して、極大値では無く最大値を求めるのに適している。評価関数の微分可能性を必要としない点も、他の最適化手法に対して優位性がある。本発表では遺伝的アルゴリズムに基づく最適化手法をプラズマ物理に特有の問題、例えば磁気軸やX点の探索、に適用するなど幅広い応用性を示す。
第15回核燃焼プラズマ統合コード研究会

Number of accesses :  

Other information