会議発表用資料 ウラン溶液の全反射蛍光X線分析における共存ジルコニウムの影響

松山, 嗣史  ,  伊豆本, 幸恵  ,  石井, 康太  ,  菅, 史明  ,  酒井, 康弘  ,  吉井, 裕

2017-09-14
内容記述
1F建屋内にある汚染水はウランを含む可能性がある。この汚染水を放出する場合、汚染水中のウランの放射能濃度を算出する必要がある。これまでに、全反射蛍光X線分析法を用いて汚染中のウランを分析する方法の開発を行ってきた。今発表では、実際の汚染水に含まれることが予期されるジルコニウムを混合させたウラン溶液の全反射蛍光X線分析を行った。ジルコニウムのK殻吸収端はウランの蛍光X線のエネルギーが近いため、ジルコニウムの存在がウランの蛍光X線の信号に与えるかを調査した。
日本原子力学会「2017年秋の大会」

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報