会議発表用資料 骨軟部腫瘍患者の腸内ガス排出処置回避に向けて

仲村, れい子  ,  久保田, 新

2017-09-03
内容記述
骨軟部腫瘍患者の治療時における腸内ガス排出処置は、日常生活に原因があるのではないかと考え、患者の心理状態、食事内容、治療時刻・食事時刻・排便時刻との関係性を調査分析した。結果、処置は食後1.5時間以内の治療で多く実施されていおり、患者の心理状態に配慮した関わりは、腸内ガス排出処置回避に有効であった。
日本放射線看護学会 第6回学術集会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報