Presentation JT-60SA組立の現状

岡野, 文範  ,  正木, 圭  ,  柳生, 純一  ,  芝間, 祐介  ,  櫻井, 真治  ,  花田, 磨砂也  ,  逆井, 章

2017-09-13
Description
原子力学会2017秋の大会において、「JT-60SA組立の現状」と題し、JT-60SAの組立概要と進捗状況の発表を行う。JT-60SAの各コンポーネントは、大型(10m超)、重量物(100トン)、形状が複雑な特殊な構造である。これらを狭隘な場所に高精度(数mm)に設置することが求められており、組立を実現するために高度な組立技術を構築した。また、実際の作業では、これらの組立技術を用いて、真空容器、真空容器熱遮蔽体の各々340°の組立てを経て、トロイダル磁場コイル(TFC)の組立てを実施している。TFCの組立の現状と今後の組立について報告する。
原子力学会2017秋の大会

Number of accesses :  

Other information