会議発表用資料 乾式化学に基づく211Rn/211Atジェネレータの開発

西中, 一朗  ,  橋本, 和幸  ,  牧井, 宏之

2017-09-06
内容記述
核医学のα線内用療法で利用される211Atの新しい供給方法としての211Rn/211Atジェネレータ開発を行っている。本開発では、核反応209Bi(7Li,5n)211Rnで製造したジェネレータ原料211Rnを、乾式化学に基づく専用装置で分離精製した後、211RnのEC壊変で生成する211Atをトレーサー溶液に調製するシステムを構築し、その性能試験を行っている。現在までに、約40%の回収効率で、211Atトレーサー溶液を調製できることを確認した。211Rn/211Atジェネレータの基礎基盤技術を確立した。
2017年日本放射化学会年会・第61回放射化学討論会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報