一般雑誌記事 核融合工学研究開発の現状 - 大電力・高圧電源システム -

畠山, 昭一  ,  松川, 誠  ,  逆井, 章

内容記述
那珂核融合研究所では、高性能プラズマの長時間運転の実証を目指して、臨界プラズマ試験装置JT-60を改修して超伝導化を進めている。トカマクでは、高温の炉心プラズマを閉じ込めるための直流大電流技術、これを支える大電力蓄電設備が必須となる。これらに加えて超伝導装置では、コイルの焼損を防ぐためのクエンチ保護技術が必要になる。本稿ではJT-60SAを例に、超伝導大型トカマク装置のコイル電源システムの概要を解説した。

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報