会議発表用資料 イチゴ果実への同化産物の転流に対する葉位の影響

三好, 悠太  ,  日高, 功太  ,  石井, 里美  ,  鈴井, 伸郎  ,  尹, 永根  ,  栗田, 圭輔  ,  安武, 大輔  ,  北野, 雅治  ,  河地, 有木

2017-09-01
内容記述
イチゴ生産において,同化産物のソース(葉)からシンク(果実)への転流は,収穫対象器官の肥大成長や物質集積を支配し,収量や品質に直接影響を及ぼす重要な生理機能である。イチゴ生産の高収益化および安定化のためには,転流動態に基づいた環境管理技術の確立が求められており,転流プロセスの解明が喫緊の課題となっている。そこで本研究では,同化産物の転流動態を植物非破壊かつリアルタイムで可視化できるポジトロンイメージング技術(PETIS)を利用し,ソース葉位別のシンク果実への転流動態を時間・空間連続的に定量評価した。イチゴ植物におけるソース・シンク関係の解明を試みた。
日本生物環境工学会2017年松山大会

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報