Presentation エンリッチメント環境が消化管クリプトにおける 放射線初期応答に及ぼす影響

横溝, 真哉

2017-09-02
Description
生活環境の変化による健康リスクを低減することは重要な課題である。福島第一原子力発電所事故の後、多くの人々が避難生活を強いられた。特に子どもは放射線被ばくを心配するあまり外遊びを控えることで、運動不足やストレスを抱え、肥満傾向児の出現率が増加したことが報告されている。子どもが外で遊ぶことは、丈夫な体を育むだけでなく、免疫力の向上、脳の活性化等、心身ともに良い刺激になることが期待されている。近年、このような生活環境の変化を模擬した飼育モデルとして、エンリッチメント環境(Enriched Environment: EE)が注目されていが、EEと放射線影響との関連性に関する報告はない。そこで本研究では、生活環境の改善が放射線被ばく後の生体影響を修飾すると考え、EEが消化管クリプトの放射線感受性を変化させるのか、並びにEEの効果が子ども(幼若期)とおとな(成体期)で異なるかを明らかにすることを目的とした。B6C3F1雄マウスを用いて、生後3週から通常飼育環境(Standard environment: SE)又はEE(SEの約8倍の広さのケージに数種類の遊具を設置した環境)で飼育する幼若期SE群、幼若期EE群と生後11週齢からSEまたはEEで飼育する成体期SE群、成体期EE群の4群を設定した。各環境下で8週間飼育した後、2 GyのX線を照射し小腸及び大腸クリプト細胞におけるアポトーシス細胞のカウントを行った。
平成29年度専門研究会参加の為

Number of accesses :  

Other information